ブログ目次(カテゴリー)

□sponser site

2012年12月07日

三陸沖M7.3の地震と今後の影響。

こんばんは。 本日二度目の記事となります。

先ほど三陸沖で大きめの地震が発生。現在まだ津波注意報が出ていますので、しばらく津波の状況には注意しておいていただければと思います。(宮城・岩手周辺地域)

さて、現時点で地震発生状況を調べられる範囲で検証しましたので、地震内容及び今後の影響に関して記してみたいと思います。

まず今回の地震は下記のような内容の地震です。

満月7日17時18分頃 三陸沖 M7.3 震度5弱

震源深さは浅く約10キロと想定されています。震源位置から、太平洋プレート内部で発生した断層型の地震と考えています。(いわゆる、アウターライズ型と呼ばれる地震です。)

ちなみに、携帯メルマガ上であくまで一応の対応として(地震活動状況からの地震予測)下記地震予測を記載、注視していました。

ー(長音記号2)
◇24日短期地震予測のピックアップ

*宮城沖〜岩手沖周辺
*M6.8〜M8程度
*24日〜12月5日まで
ー(長音記号2)

予測としては期間が過ぎたこともあり、昨日時点で観察終了としていましたが、一日遅れでの発生として、対応地震と判断しています。観察期間中、強い地震抑制力が継続的に存在していたことを考えると、その期間分(実質6日間程度)は地震発生が遅れたものと考えることが十分可能と判断しました。

るんるんるんるん

この地震による影響は本来今後の推移を観察しながら判断していくのが妥当ではありますが、現時点ですぐにでも可能性が考えられる誘発地震活動が推測できますので、今回は当ブログ上でもお話しておきたいと思います。


121207-1.jpg

まずは、上図をご参照ください。図は急いで作成したので、汚くてすみません。

プレートを断面で見たときのイメージ図です。オレンジ色部が「北米プレート」。緑色が「太平洋プレート」を示しています。今回、あくまで現時点の私見となりますが、三陸沖 M7.3として発生した地震は、太平洋プレートが海側と陸側にひっぱられる形で力が加わったことによって発生した断層型の地震ではないかと推測しています。(実際は逆方向の可能性もあります)

地震発生を示すのが「赤色の亀裂表示」です。赤色矢印が太平洋プレート内部の圧力方向です。

実は、北米プレートの先端部(太平洋プレートとの接点周辺)は、2011年3月11日にズレ動いた範囲(東北太平洋沖地震)なのですが、図の黄色楕円範囲となる北米プレートと太平洋プレートの境界面(やや深部)はまだ、ズレ動きはしていない範囲なのです。

結論を言えば、今回太平洋プレートで断層破壊が起きたことで、太平洋プレートの陸側が北米プレート下へ少し「ズレ動いた」可能性があります。ゆえに、誘発地震として、黄色部分がズレ動く形での大きめ地震(プレート境界型地震)の可能性を少し念頭にしておく必要があると考えているのです。

時間をかけずに、すぐ誘発地震が発生してくる可能性もあります。

ゆえにまずは、下記に現時点での地震予測を記しておきいと思います。ご参考にしていただければと思います。


◇7日地震状況からの地震予測

*宮城沖〜岩手沖周辺
*M6.8〜M8程度
*7日〜16日まで

121207.jpg

仮に上記地震が発生した場合には、「宮城・岩手の太平洋側の一部地域」で震度6強・7となる可能性もある地震活動です。他の地域では、今回の地震と同様に”揺れの直接的影響はありません”が、「揺れの時間がやや長く感じる地震」となります。ですから、地震が来たと思っても、あわてずその場で、動き回らないように”揺れをやり過ごす”感じて対処すれば問題はないものと思います。

”津波”に関しては、発生しやすい地震の仕組みのひとつ。このエリアでの地震発生となると津波到達時間は早いものとなりますので、やや大きい揺れを感じたら、宮城・岩手周辺海岸部の人は。まずは避難行動をとるように心がけておいていただければと思います。


今後の推移をしっかり観察しながら、新たな状況判断を加えていきたいと思っています。(。・_・。)ノ



posted by ポッポ at 18:29 | Comment(27) | 地震予測の結果検証(過去)
この記事へのコメント
ポッポさん、こんばんは。旦那さんが飲み会に行っちゃって、さみしなーと思ってたら揺れました。
神奈川西部は震度4でしたが、もっと揺れた気がします。
宮城の方に津波が来ています。
これ以上酷くなりませんように。
ただただ、お祈りしています。
Posted by アヒル at 2012年12月07日 18:55
アヒルさんへ

こんばんは<(_ _)>
津波さえ来なければ・・被害は出ないタイプの地震ですので、もうしばらく注視ですね。
Posted by ぽっぽ at 2012年12月07日 19:04
ご無沙汰しております。
先程の地震、3月11日を思い出してしまいました。
予測も大きめで、もし予測通りな地震がきたら、あの時と同じくらいの揺れになる可能性はあるということですか?
なるべく小さく、被害も少なく済んで欲しいです。
Posted by 東京東部 at 2012年12月07日 19:11
こんばんは。
記事読ませて頂きました。
久しぶりにガタガタ震えています。
神奈川東部在住ですが、
明後日朝から晩まで横浜沿岸部に出掛ける予定があります。1人コンサートに行く予定なのですが、取り止めた方がよいかな。。。と迷っています。これは自分で決断するしかないですよね(苦笑)

Posted by さつき at 2012年12月07日 19:33
ぽっぽさんこんばんは

私の地域は震度3でしたがスーパーで買い物中の私はまったく気づかず、クルマに戻ってラジオを聞いてビックリしました

友達に聞いたら、長い揺れで不気味な感じだったと言っていました

揺れることは怖いけど、津波に対する恐怖はそれ以上ですよね…

今の時点で注意報・警報は解除になったのでひと安心ですが、もしまた予測の地震が発生したら、とにかく津波がないことを祈るばかりです

私はとにかく揺れても慌てず対処できるよう、気持ちの準備をしておきます
Posted by さなな at 2012年12月07日 19:39
ぽっぽさん、二度目の更新、ありがとうございます。
こちら東京よりの埼玉は、震度4あり、長い揺れに心臓が止まりそうでした。
先ほど、津波警報が解除され東北のかたは、どれだけホッとしたことか。寒い中避難してるかた達のことを想像したら、揺れる程度で済んだ私がビクビクしていちゃいけない!!と強い気持ちに切り替えようと思いました。


まだ影響があるんですね。とにかく、どこにも被害が出ないことを祈るばかりです…

先ほどの揺れでは、緊急地震速報が鳴って、すぐに何もない部屋に避難して、ヘルメットを被って、壁にくっついて座っていました。
揺れがおさまると共に、ずっとお腹が張っています。
揺れている最中に、もし壁が倒れてきたら!?とか色々考えていたのですが、高い家具がない部屋に避難したら、部屋の真ん中にいいとかありますか?
また強い揺れがあるかと思うとしばらく眠れなそうです。強い気持ちを持たないとですね!!!
Posted by めろたん at 2012年12月07日 19:57
ポッポさん
こんばんは。
やはりココへ来てしまいました。
この時間は子どもと二人なので、不安になりましたが、落ち着いて地震速報が鳴った後に真っ先に玄関は開けて、揺れが来てからは安全な場所にておさまるのを待ちました。
東京東部、震度3でした。

そして、ブログ更新有難う御座います。
また今後も落ち着いて行動出来たら良いなと思います。
Posted by ヨーコ at 2012年12月07日 20:02
ポッポさん
こんばんは。
やはりココへ来てしまいました。
この時間は子どもと二人なので、不安になりましたが、落ち着いて地震速報が鳴った後に真っ先に玄関は開けて、揺れが来てからは安全な場所にておさまるのを待ちました。
東京東部、震度3でした。

そして、ブログ更新有難う御座います。
また今後も落ち着いて行動出来たら良いなと思います。
Posted by ヨーコ at 2012年12月07日 20:15
東京東部さんへ
こんばんは(^O^)/
いえいえ。例え想定していた地震が来たとしても、東北太平洋沖地震のときとは、揺れ方は異なります。M9という規模は、とても大きなエネルギーですから・・それと比較したら、揺れの範囲が狭くなることに。距離による減衰も大きくなりますので。(*^^)


さつきさんへ
横浜なら、自粛するほどの必要性はありませんよ。(^^ゞ
本来ならブログはには書かないような内容(記事)なのですが、認識しておくだけでもかなり違うと思って記した要素です。
揺れの伝達力はM9地震と比較すれば、かなり小さいものですから。


さななさんへ
揺れ幅が大きな地震動は、外にいたら気が付かないものです。(^^ゞ基本的に、海洋での地震は揺れの被害はほとんどないもの。津波がなくてなによりでした。


めろたんさんへ
そこまで万全の体制がとれていたのであれば、問題はありませんよ。(*^^)大丈夫。

記事にした内容もあくまでも、地震状況からの可能性を推察したものですから、地震前兆があったわけではありません。でも、注意の気持ちを持っておくだけでもかなり違いますからね。

ちなみに「壁からは1m程度はなれた場所」でじっとしているのがいいですよ。(*^^)


ヨーコさんへ
(゜ー゜)(。_。)ウンウン
十二分に落ち着いた・適切な行動でしたね。(*^^)
海洋部での地震は、揺れによる影響は少ないですから。(超高層建物は除いて)

少しでも安心材料ともなるような情報を記していきたいと思っています。(*^^*)
Posted by ぽっぽ at 2012年12月07日 20:16
ポッポさんこんばんは夜夜先程の地震の直ぐ後に更新して頂き…ポッポさんからの言葉を聞けてようやく落ち着きました(;_;)カンシャデス

ちょうど電車が停車中だったので揺れはしっかり感じました(>_<)でも…スーパーで買い物中だった母親は全く気付かなかった様でたらーっ(汗)私も帰りにスーパーに行ったのですが「さっきは怖かったわね」とゆうお客さんの問いかけにレジの方は「あたし全然気付かなかったのよ〜」と…(+_+;)スーパーって意外と気付かない場所なんだ…と思いながら帰宅しました(変な感想でごめんなさい)

注視期間をしっかりと頭に入れて、でも変にガチガチにならない様に過ごして行きたいと思います手(グー)


改めて…ポッポさんからのお話を聞ける日々に感謝感謝ですかわいいかわいい
Posted by け-こ at 2012年12月07日 20:19
早速の返信ありがとうございます。
少し安心できました。
とにかく小さく小さく済みますように。
ありがとうございました。
Posted by 東京東部 at 2012年12月07日 20:39
ポッポさん ご苦労様です。
少し落ち着いたので、ポッポさんの見解がupされてるんじゃないかと覗きに来ました。

先程の地震…広い範囲でやや揺れが大きくなりましたね。
神奈川も震度4でしたので、しっかり揺れました。
が、、、実は私、お米をといでいて体が揺れていたせいか、始めは気が付きませんでした(汗)
子供達が何やら騒いでいてようやく(~_~;)トホホです。

いい機会なので防災グッズの点検をして、暫く気を付けたいと思います。

被災地に被害が出ませんように。
Posted by あんこ at 2012年12月07日 20:59
け-こさんへ

そうそう(^^ゞ。よほど直下型でもない限りスーパーでは地震が感じにくいものなんですよね。地震なんてそんなものですから。(^^ゞはは

東京東部さんへ

はい。(*^^)少し歪が解消されてくれたので、ある意味良かったかなと思える要素もありますからね。海洋部の浅い位置でなら、問題になりにくいので。


あんこさんへ
(゜ー゜)(。_。)ウンウン
そういうものです。地震は。(^^ゞはは
気が付かなきゃ気が付かないで済むものですから。津波は別ですけどね。

Posted by ぽっぽ at 2012年12月07日 22:02
本当に、けーこさんの言う通り、ぽっぽさんのお言葉を聞けることに、感謝、感謝です。ぽっぽさんのブログに出会えたこと、そしてぽっぽさんから安心できるお言葉を頂けることに、本当に感謝ですm(__)m


お腹の張りが、だいぶ落ち着いてきました。
さっきは、病院に電話しようかと思うほどでした汗

了解しました!
壁から1メートルですね。
あ、でも本当に狭い部屋で壁と壁との間が、2メートルもないぐらいなんですけど( ̄□ ̄;)!!いざとなったらその部屋に避難して、ヘルメット被って、臨機応変に動くしかないですね。
沿岸部が震源じゃなく、内陸直下だったら、本当に安全な部屋に避難することも冷静さも見失いそうですね(^^ゞぽっぽさんは、内陸直下の揺れでも怖さってないですか??
Posted by めろたん at 2012年12月07日 22:11
ポッポさん
返信有難う御座います\(//∇//)\
嬉しいです。何より心強いです♪
すみません、投稿の際にエラー表示が出たので投稿し直したら二重になってしまいました。
m(_ _)m
Posted by ヨーコ at 2012年12月07日 22:14
こんばんは。ご無沙汰しています。

今日の地震は肝を冷やすと共に、マグニチュードは異なるものの、東日本大震災の再現になるのではないかとの危惧があります。しばらく警戒したいと思います。

御自愛下さい(・_・)ゞ
Posted by 西船橋マン at 2012年12月07日 22:18
先ほどはお返事ありがとうございました!津波警報が出た際に避難する場合は自分の住んでいるマンションの最上階でもいいのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ありませんが、避難する際に持って行く物、避難する場合を教えて頂けないでしょうか?やはり津波警報が解除されるまで避難しておくべきですよね?
今回の地震で自分がもし避難するのなら・・と考えたら色々疑問が出てきてしまいました(~_~;)
Posted by ユキ at 2012年12月07日 23:24
素早い対応!ありがとうございます。
とても心強いです(涙
記事の中でしっかりと解説して下さってると言うのに思わず慌ててしまいお恥ずかしいです。
被害地震が起こりませんようにと祈りつつ
先ずは落ち着いて生活したいと思います。
Posted by さつき at 2012年12月07日 23:48
アパートがギシギシして倒壊するかと思って階段で転びました。とても恐かったです。土壁みたいな壁がひびはいってまたそこが広がっちゃった。
Posted by 中学2年 at 2012年12月07日 23:58
早速の更新有難うございました。
少しでも安心材料をというぽっぽさんのコメントの返事を見て、落ち着くことができました。

今回の早いコメントの返事本当にありがとうございました。
Posted by クロ at 2012年12月08日 01:04
おはようございます。
大きい地震にがくがくしましたが、ぽっぽさんの記事をみて少し落ち着きました。
ありがとうございます。

あとは損傷を受けている原発に影響が出るのが何よりも怖いです。
Posted by すみ at 2012年12月08日 06:41
いつも読ませてもらってる者です。

宮城在住です。

毎日ココを読んでいるのですが、昨日の地震が携帯メルマガ上のみで予測されてたなんて知りませんでした。。(当たり前ですが…)やはり有料の方でしか詳しく予測公開しないのですか?

この予測はこのブログ上でも是非前もって公開してほしかったです。。
Posted by るい at 2012年12月08日 06:52
ご無沙汰しております。早速の更新有難うございます。

久しぶりの警報、ポッポさんのブログのお陰がかなりあると思われるのですが、自分でも驚くくらい冷静でいられました。
何もない玄関前に立ち、「身構えると恐怖増大、数を数える!」というのを思い出し、子供と一緒に玄関からリビングへつながる廊下を「1,2,3,4!5,6,7,8!」と数を数えながら行進してみました。(笑)
途中、グラっと大きく揺れたとき(当地震度3)にはさすがにヒヤっとしましたが、今までに比べたら上出来だったと思います。
自分ではだいぶ改善された!と思っていたのですが、4歳の娘は「ちょっと揺れただけじゃない。」と、私以上に冷静で、1歳の息子は・・・行進が楽しかったようです。

本当に、改めてポッポさんのブログに感謝しております。

さて、予測(推察される)の地震ですが、当地東京東部ですので、もしまた揺れた場合には過剰に怖がらす冷静に揺れをやり過ごしたいと思います。

それでは、今日も「普通に」生活を始めたいと思います(^^
Posted by おこめつぶ at 2012年12月08日 07:41
中学2年さんへ
(^^ゞはは。
地震って”揺れの音”がなんとなく怖さを感じさせてしまうんですよね。建物は最大震度5強くらいで倒壊するようなことはありませんから。大丈夫ですよ。

土壁は、車の通る振動くらいでもヒビが入ったりするのが普通ですからね。(^^ゞ問題なのは「焦って」しまって自分で転んだりすることによるケガとかです。事故に合ってしまうケースもあるんですよ。自分でケガなど被害を出さないようにすることが地震時の大切な心がけのひとつですので。<(_ _)>


クロさんへ
はーい(。・_・。)ノ


すみさんへ
ですねぇ。…c(゜^ ゜ ;)ウーン
私も地震そのものよりも、こういう揺れがあったときの原発の状況に不安を感じています。(^^ゞ

るいさんへ
はい。(^^ゞ
今回の予測は”予測”といっても、あくまで自然状況や地震状況などから「一応気にして推移を見守っておきましょう」といった形で観察していた要素なんです。

地震前兆を捉えた(体感など)というのとは、まったく内容が異なるもの

そういう情報は、やはりブログ上(不特定多数の人が見ている)では記することはできないんですね。(^^ゞ 良くない影響のほうが、広く伝播してしまいやすいので。ご容赦を。


おこめつぶさんへ
(゜ー゜)(。_。)ウンウン
すばらしい対応です。(*^^)
やはり、”地震”という自然現象に関しては、なんといっても「落ち着いて行動する」ことが一番大切な要素ですものね。

子供たちもgoodですね。(*^^)


Posted by ぽっぽ at 2012年12月08日 09:38
めろたんさんへ
(^^ゞはは壁から1m・・部屋の真ん中ということで。
なにはともあれ、体調が落ち着いてくれたのは良かったですね。(*^^)


ヨーコ さんへ
はーい(。・_・。)ノこちらで修正しておきました。(^^ゞ


西船橋マンさんへ
(゜ー゜)(。_。)ウンウン
心構えは、もっておきたいものですよね。

ユキさんへ
津波に対しては、なんといっても「すぐ避難」が大原則ですので、正直・・所持品としてはお財布くらいが精一杯かもしれませんね。

マンションの屋上も避難場所となるケースがありますが「高さ」を確認しておくことが重要です。その場所で最大津波高さでどのくらいの可能性がある地域かを理解しておいた上で、それよりも高い場所は避難場所に決めておくのが手順となります。(*^^)

さつきさんへ
まあ、多少はあわててしまうのも仕方が無いことではありますからね。(^^ゞはは
Posted by ぽっぽ at 2012年12月08日 09:51
更新ありがとうございます

ブログを見て呆然としています
ぽっぽさんは滅多に怖いことを言わないので、今回はけっこう危ないのかな、と思いました

昨日のでおしまいではない可能性があるのですか…
宮城沿岸部です
震災時も9日に前震ありましたし、またあの流れをたどるのでしょうか

逃げ切れる自信も、震災後のあの生活を再びする自信も正直ありません

あくまでも可能性とは頭ではわかっておりますが…

とりあえず避難グッズを見直しコンパクトにしました

今日は天気はいいのですが、風が強くかなり寒いです
Posted by チカ at 2012年12月08日 15:41
チカさんへ

あくまで可能性というだけで、地震前兆が現れているというわけではないんですよ。(^^ゞ

それても、大きめ地震が発生した後は、当然”揺れのエネルギー”や”地殻の動き”がありますので、一応でも注視しておいて損はありませんからね。(*^^)

311のM9地震のときも「M7程度の地震発生」があったので、私もその後の大きめ地震の可能性を予測として注視する形したわけですが、規模は違えど、注視はしておきたいのは確かです。(^^ゞ

ただ
M9なんて規模にはなりませんので、地震が発生したとしても揺れ感も津波も比較するとあんなものとはなりませんので。(^^ゞ いまのところ中規模地震が発生する形でエネルギーが上手く発散されていますので、まずまずの推移かと。
Posted by ぽっぽ at 2012年12月08日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

□sponser site

地震による揺れから命を守る。家具の壁固定「セミオーダー家具」活用。

本業である建築士の仕事を通じて、感じることは、近年の住宅においては地震の揺れによる建物(住宅)倒壊の心配はほとんど不要ということです。(内陸部の断層型地震において、地表面の断層露出が生じた場合を除く)ゆえに、家の倒壊(土砂崩れや津波を除いて)による生命の危機を心配する必要もほとんどないということなんですね。

ただ、反面リスクが増加していると言えるのが「家具の下敷き」となったり「家具が飛んでくる」ことによる生命危機及びケガを負うリスクです。構造型マンションなども増加傾向にある中、特に高層階の住居では、地震の揺れによって水平方向に『2m〜4m』も揺れ動く可能性(そのような住環境が多々存在しているということ)があることがわかっています。

お子さんや高齢者のいる家庭においては、家具が凶器となってしまう可能性があることは昔から知られていることではありますが、そのリスクが高まっている・・そんな状況です。大規模地震において「突っ張り棒」による家具の地震対策では、効果がないケースも少なくありません。(設置精度の問題や繰り返しの地震に耐えられないなど)基本的には『家具を壁などにビス固定』する必要があるのです。

そんな地震対策として、効果的な家具となるのが「セミオーダー造作家具」です。もちろん、既製品の家具をビス固定していも良いのですが、基本的に既製品家具はビス固定を前提としては作られていません。ビス固定の強度が保てないケースも多々あります。「セミオーダー造作家具」の場合には、最初から壁面にビス固定を前提とした構造・仕様となっています。その上、家具の組み立て・設置は専門の職人さんが行いますので、家具の耐久性自体も高いものとなるんですよね。

ホルムアルデヒドなどのシックハウスをもたらす化学物質も含まれていないのも、「日本製セミオーダー造作家具」の利点であり安全性のひとつに。そんな安全性(地震の対策、化学物質対策)という観点から、私も『住宅の収納家具(リビング、本棚、ワードローブ)』に関しては、セミオーダー造作家具を計画に取り入れるようにしていますし、インテリア計画のご相談をいただいた多くの方にも、おすすめしています。

ちなみに、私が本業にて行っている「セミオーダー造作家具コーディネイト(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(一部除く)が対象エリア)」では、直接造作家具業者に依頼するよりも、割安で購入・設置が出来ます。詳細はこちらのHP(セミオーダー造作家具コーディネイト)にて記していますので、ご興味のある方はご参照いただければと思います。

これからの時代に必須要素となる水(天然水)の備蓄。

*天然水の備蓄に関する記事はこちら。
大きな地震によって、インフラ設備が損傷・・水道水が使用できなくなる(断水)可能性があることは多くの方が認識していることか思います。 ただ、地球環境が新しい時代へと推移している中、「地震」以外にも、 「日照り・渇水」「局所的豪雨による水源汚染(にごり)」「放射性物質の流入」「停電による給水機能消滅」という要素(現象)によって、水道水が 活用できない状況となることは度々発生する・・そんな生活環境となってきています。

それゆえに、”水道水”にだけ頼る(水道水の安全神話)のは、大きなリクスを抱える時代に。リスク分散するためにも、各家庭で「水(天然水)の備蓄」が必須要素となっています。

水の備蓄方法としては、「ペットボトル天然水」を常時保存、日々の生活の中で活用しながら、使用した分を追加購入しておく方法と「ウォーターサーバー」を活用・・天然水を宅配、ボトル水を常時有しておく、2つの方法があります。どちらの方法でも問題はありませんので、家族1人あたりが必要な生活水「2リットルペットボトル5本以上」を目安として、天然水を常備しておくことを心がけていただければと思います。

■おすすめの天然水「ペットボトル天然水」
「霧島高千穂の天然水「子孫麗水」

■おすすめの天然水「ウォーターサーバー」
美味しさと安心感のある4種類の天然水宅配「ネイフィルウォーター」

「省エネルギー」「自然共生」「防災」対策は一体のものとして認識。

”地震防災対策”への意識は多くの人に広く浸透してきているものと思います。ただ、地球上(日本)で生きていく上で”防災”の対象となるものは何も「地震」だけではなく、実際には様々な要素(自然現象)が存在しているものです。それゆえに、せっかく対策・準備を行うのではあれば、「地震に特化」させてしまうのではなく、もっと広い視野(様々な自然現象などを対象)を持って防災対策を心がけることが大切なのではないでしょうか。

さらに言えば、「省エネルギー」「自然との共生」「防災」といった要素を一体のものとして認識、日々の生活に活かした(心構え、準備、お役立ちアイテムなど)ほうがより効果的な対策となるものです。”省エネルギー”を心がけることが”自然との共生”に繋がったり、”自然との共生”を意識していることによって、”防災”に役立つ生活環境となっていたりするものですからね。それぞれ独立したものとして考えるのではなく、すべて一体のものとして捉えた工夫・心がけを持ちたいものです。

おすすめの省エネルギー要素紹介
夏の「節電方法」
省エネ「節電グッズ」
夏の暑さ対策グッズ
太陽光発電の長所と短所